世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

よくある質問

IPC全般

IPCのトレーニングとISOの関係は?

IPCのトレーニングは、1990年代に当時のIPCメンバーであったEMS企業が、ISO-9000認証に向けて、トレーサブル(追跡可能な)なトレーニングを開発する必要があったことから610の認証トレーニングプログラムが開発されました。そのため、IPCのトレーニングは、「トレーサビリティ」がキーポイントとなっています。

スペシャリストであるCISからトレーナーであるCIT、マスタートレーナーのMIT、MITからIPC本部のグローバルマスタートレーナーまで一連の追跡が可能です。本プログラムは、改版のたびに更新され、継続的にレビューされています。また、その更新やレビュー内容もさかのぼって確認することが出来ます。(David Bergman, IPC Vice president)


【世界中のエレクトロニクス産業で採用される理由】

  • ISO-9000に必要なトレーサブルなトレーニングプログラムである
  • エレクトロニクス製品が生産されるあらゆる地域で受講できる(北米、ヨーロッパ、中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、アフリカ、南米、中東、ロシア、東南アジア)
  • 世界的に使用されているIPCの標準を正しく理解出来る。もし、ある企業が輸出に関心を持つのであれば、IPC標準が求めらる可能性が高い。
  • グローバル顧客へ向けて世界で通用する証明を獲得する
  • エレクトロニクス産業の貴重な知識財産を次世代へ継承する
  • IPCと国内にある認証資格との違いは何ですか?

    国内免許と国際免許の違いです。IPCは国際標準であり、世界中で共通言語として使われています。日本で策定された基準や資格は、優れているところもありますが、国際取引において理解をしてもらうには説得や説明に苦労します。IPCの認証資格はグローバルで統一されているため、資格所有者であることを示せば、簡単に共通理解出来ます。

    IECやISOとの違いは何ですか?

    ISOの実装に関わる品質基準は、IECが担っています。IECとの違いは二つ。① IECは国による合意に対しIPCは実際にもの作りを行う事業者間での合意です。② 技術革新に伴う内容の修正と変更が違います。IPCは、事業者が策定するため、新しい技術や部品などに対し、先行して基準を定めています。そして、IECがIPCの基準内容から一部を取り入れ、IEC標準として採用することが増えています。

    IPCのメンバー・会員になるとどのような特典がありますか?

    ジャパンユニックス経由でご加入いただいた場合、国内特典として無料トレーニングや標準書の割引など様々な特典とIPCが従来より提供するグローバル特典があります。詳細はこちら

    IPC標準

    IPCの標準にはどんなものがありますか?

    電子組立品の610やはんだ付の001は、IPCの代表的な標準ではありますが、それだけではありません。一つの団体の下で、『設計~材料・部品~実装~評価試験』までをグローバルレベルで標準化していることがIPCの強みの一つです。IPC標準の基本ストラクチャーがこちらにありますので、ご覧ください。

    IPC標準の中身を見てみたいのですが?

    IPC標準の旧版を一部無料で公開しています。こちらから無料でダウンロードしていただけます。尚、旧版では日本語の表現が分かりづらい箇所が多々ありますが、最新版では日本語そのものを見直して改版しています。

    IPCの標準はどこで購入できますか?

    IPC公式オンラインショップからのご購入が一番安く、短納期でお届けが可能です。オンラインショップのご利用が出来ない場合は、当社までご相談ください。

    トレーニング

    IPCのトレーニングとISOの関係は?

    IPCのトレーニングは、1990年代に当時のIPCメンバーであったEMS企業が、ISO-9000認証に向けて、トレーサブル(追跡可能な)なトレーニングを開発する必要があったことから610の認証トレーニングプログラムが開発されました。そのため、IPCのトレーニングは、「トレーサビリティ」がキーポイントとなっています。

    スペシャリストであるCISからトレーナーであるCIT、マスタートレーナーのMIT、MITからIPC本部のグローバルマスタートレーナーまで一連の追跡が可能です。本プログラムは、改版のたびに更新され、継続的にレビューされています。また、その更新やレビュー内容もさかのぼって確認することが出来ます。(David Bergman, IPC Vice president)


    【世界中のエレクトロニクス産業で採用される理由】

  • ISO-9000に必要なトレーサブルなトレーニングプログラムである
  • エレクトロニクス製品が生産されるあらゆる地域で受講できる(北米、ヨーロッパ、中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、アフリカ、南米、中東、ロシア、東南アジア)
  • 世界的に使用されているIPCの標準を正しく理解出来る。もし、ある企業が輸出に関心を持つのであれば、IPC標準が求めらる可能性が高い。
  • グローバル顧客へ向けて世界で通用する証明を獲得する
  • エレクトロニクス産業の貴重な知識財産を次世代へ継承する
  • コースの価格は?

    CIS向け、モジュール別、CIT向けで価格が異なります。
    詳細は、料金メニューをご確認下さい。

    お申込み方法は?

    オンライントレーニングは、下記よりお申し込み頂けます。
    指定の申込書に、必要事項をご記入、捺印の上、ご提出下さい。
    無料のトライアルは、左のフォームからお申し込み頂けます。IPC運営事務局 → お申込みはこちら

    支払い方法は?

    銀行振り込み(請求書発行)、クレジットカードがご利用頂けます。

    認証資格

    IPCと国内にある認証資格との違いは何ですか?

    国内免許と国際免許の違いです。IPCは国際標準であり、世界中で共通言語として使われています。日本で策定された基準や資格は、優れているところもありますが、国際取引において理解をしてもらうには説得や説明に苦労します。IPCの認証資格はグローバルで統一されているため、資格所有者であることを示せば、簡単に共通理解出来ます。

    IPC認証資格は、有効期限はありますか?

    IPCの認証資格は、2年となっています。詳しくは、こちらをご覧ください

    以前に、IPC-A-610の古いバージョンで認証を取得したのですが、最新版にアップデート出来ますか?

    IPCの認証資格には、バージョンは不問です。以前にIPC-A-610Eで資格を取得されたとしても、610Fの資格試験で更新が可能です。認証資格と正しい運用の観点から最新版での更新が推奨されています。