世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

IPCの認証資格

トレーニング及び認証プログラムでは、以下の認証レベルを対象にしています。

※下記の全てにおいて認証資格の有効期限は、2年間です。

MIT MIT MIT
MIT MIT MIT
MIT
MIT

マスターIPCトレーナー(MIT)

MITは、IPC認証での最高位レベルとなり、CITとして規定数のトレーニング経験と業界経験に加え、特別な講習と試験を受けて、初めて認定されます。少なくとも、3-5年のトレーニング経験と実績が要求されます。国内では、MITの育成プログラムは行っていません。

※IPC認定トレーニングセンター向け

CIT
CIT

認証IPCトレーナー(CIT)

IPC公認のトレーナー資格で、自社内にて、下記スペシャリストの育成が許可されたトレーナー資格。CITと呼ばれ、年間でCIS育成の規定数が求められる場合もある。全セクションの受講とインストラクター基礎を受講する必要がある。新規取得は、当サイトのスケジュールをご確認ください。既存CIT向けの更新プログラムは、オンライントレーニングを参照ください。

※現場の教育担当や品質基準を決定する部門向け

CIS
CIS

認証IPCスペシャリスト(CIS)

実際のラインや現場にて、組立品や受け入れ品の良否判定を行うオペレーター向け認証資格。作業手順書または、契約書で定められたIPCのクラスに応じて、トレーニングで学んだ基準を元にし判定を行う。必要なセクションを選択し受講可。新規取得及び更新プログラムは、オンライントレーニングを参照ください。

※現場の作業者、特定工程の品質管理者向け、新入社員への基礎教育など

※CITとCISは、取得目的が異なっているだけであり、学習する標準内容の多くは同じです