世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

資格の更新

  • HOME
  • 資格の更新

IPCの各認証資格の更新について

IPCの認証資格は、コース(610、001、7711/21)、認証レベル(CIT、CIS)に関わらず、全ての有効期限は2年間です。引き続き、認証資格の保有が必要な場合、更新する必要があります。各更新には、事前申し込みが必要です。当日申込での更新はできません。

講座トレーニングの更新

IPC-A-610 CIT

更新にかかる日数:2時間半~

トレーニングの受講
(任意)
筆記試験
(必須)
2.5時間
試験タイプ 問題数 試験時間
オープンブック試験(持込可) 75問 約1.5時間
クローズブック試験(持込不可) 25問 約1時間
  • ・610CITの更新では、両方の試験に合格する必要があります。正答率80%以上
  • ・トレーニング受講は任意。「トレーニング実績がない」、「普段IPCを参照していない」等の場合、受講を推奨します。
  • ・CITには最少トレーニング数が要求されます。過去2年のトレーニング実施結果によっては更新できない場合もあります。
  • ・CIT更新試験の受験会場は、提携試験会場となります。

IPC-A-610 CIS

更新にかかる日数:半日~

トレーニングの受講
(任意)
筆記試験
(必須)
モジュール単位
  • ・610CISの更新試験は、オープンブック試験に合格する必要があります。正答率70%以上
  • ・トレーニング受講は任意。認証は取得したがあまり「普段IPCを活用していない」等の場合、受講を推奨します。
  • ・CIS更新試験の受験会場は、提携試験会場となります。
  • ・各筆記試験時間は、パッケージ・モジュール毎に異なりますのでご注意ください。

実技トレーニングの更新

J-STD-001/IPC-7711/21、CIT/CIS共通

更新にかかる日数:1日-1.5日 (自習時間除く)

1日目自習
無料開放日
(任意)
2日目(実技)課題制作
2時間~
(必須)
2日目(筆記)筆記試験
1.0-2.5時間
(必須)
1日目 13:00-17:00 ※無料開放日

初日は、無料開放日で参加は任意です。試験前に各自、基準に関するご不明点や機器の操作方法、課題の仮制作などを実施することが出来ます。弊社マスタートレーナーが駐在していますので、分からないことは直接質問して疑問を解消します。001、7711の受講予定に合わせて、必要基材を準備してお待ちしています。

2日目 10:00-17:00 ※更新試験日(共通)

2日目が、更新試験日です。更新には「課題制作」と「筆記試験」の両方に合格する必要があります。001、7711/21共に同日で更新可能です。両方の資格をお持ちの方は、時間内に完成すれば同時更新も可能です。

  • ※ご来場頂いた順に各自、順次開始となりますので終了次第、お帰り頂けます。
  • ※複数資格の同時更新をご希望の方は、お問い合わせ下さい。出来るだけ一度で更新できるよう調整いたします。
更新に必要な参考時間
J-STD-001 CIT
  • 課題制作:1.5時間
  • 筆記試験:2.5時間
  • 計:4時間
J-STD-001 CIS
  • 課題制作:1.5時間
  • 筆記試験:2時間
  • 計:3.5時間
IPC-7711/21 CIT
  • 課題制作:4時間
  • 筆記試験:2時間
  • 計:6時間
IPC-7711/21 CIS
  • 課題制作:4時間
  • 筆記試験:1時間
  • 計:5時間