認証資格試験について

  • HOME
  • IPC-7711/21スペシャリスト/インストラクターの認証資格試験
筆記と実技の試験

IPCの認証プログラムでは、コース毎および認証レベル毎に異なる試験が適用されます。

筆記試験
筆記試験

610、600、620、6012を対象にした
筆記試験

オープンブック試験:各IPC標準書の持込が可能。記憶力ではなく、課題に対してIPC標準を参考に正しい判断が出来るかの試験が目的
クローズブック試験:持ち込み不可。主にIPCの方針や標準内容でも、覚えておくべき内容が出題され、取得する認証と標準内容で必要とされる理解と知識があるかを試験することが目的
実技試験
実技試験

001、7011/21を対象とした
実技試験

はんだ付け、または、リワーク・リペアの作業を行う。課題として提供される基板や部品を規定時間内で、実装することが出来るかどうか、基礎スキルの試験を目的とする。
また、組立品の実装だけでなく、作業台の状態や組立品の取り扱い、ストップの装着有無なども評価対象となる。
本試験では、CITまたはMITが対象となる認証レベルの試験立会いを行う。

試験時間と問題数

問題数と試験時間

IPC-7711/21のスペシャリスト向け認証試験は、一部オープンブック試験(持込可)があります。持込時に、書き込み等があると持ち込めない可能性があります。詳細は、トレーニング開催中にトレーナーより説明致します。各試験は、70%以上の正解率で合格です。試験時間は、受験者の状況を考慮し、トレーナー判断で延長・短縮されます。

モジュール
問題数
試験時間
Module 1
イントロダクション
一般情報と共通手順
30問
別途指示

※必須であるModule1以外は、筆記試験はありません。本トレーニングは実技演習が中心となります。

課題制作とワークマンシップシート

モジュール
制作数
演習時間
Module 2
ワイヤースプライス(つなぎ接合)
1式
2.5時間
Module 3
コンフォーマルコーティング
1式
1.0時間
Module 4
スルーホール部品
1式
4.5時間
Module 5
チップ/MELF部品
1式
2.5時間
Module 6
ガルウィング部品
1式
4.0時間
Module 7
Jリード部品
1式
1.5時間
Module 9
ラミネートリペア
1式
1.5時間
Module 10
PWB導体・回路リペア
1式
2.5時間

※課題制作(技能試験)は、講師指導の元で実習しながら行います。
※上記演習時間は目安です。各受講者の進捗を考慮しながら、トレーナーにて判断します。

準備中