世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

トレーニングコース- 講座と実技の2パターンのトレーニング -

  • HOME
  • トレーニングコース
講座と実技のトレーニング

IPCのトレーニングコースは、大きく2つの特徴で提供されています。

講座トレーニング
講座トレーニング

基準適用と理解を
目的としたプログラム

組立品等の受け入れや作業時に、外観からの品質基準の判定や評価スキルの向上を目指します。このプログラムでは、下記の標準が対象となります。
IPC-A-610:電子組立品の許容基準
IPC-A-600:プリント版の受け入れ
IPC/WHMA-A-620:ケーブル・ワイヤーハーネスの許容基準
IPC 6012:リジットプリント板の受け入れ
実技トレーニング
実技トレーニング

標準の知識と実技スキルの向上を
目的としたプログラム

各標準内容の理解と判定スキルに加え、はんだごてを使用した個人スキルの向上を目指します。このプログラムでは、下記の標準が対象となります。
J-STD-001:
はんだ付された電気・電子組立品に関する要求事項
IPC-7711/21:
電子組立品のリワーク/プリント版と組立品のリペア・改造

コースを選ぶ

IPC-A-610、「電子組立品の許容基準」は、グローバルで最も広く使用されている標準です。20言語以上のバージョンがあり、電子組立品の受入基準として国際的に評価されています。IPC-A-610に基づいたトレーニング、認証および標準書は、エレクトロニクス産業で開発され、認可されたプログラムです。この認証は、顧客の要求に対してコミットメントを示し、ISO-9000や他の品質規格を適用する企業をサポートします。

このトレーニングと認定は、エレクトロニクス業界全体で幅広く認識されており、その正当性と価値を理解されています。実際に、何万人もの人々が、IPC-A-610の認証者として訓練されています。IPC-A-610のトレーニングおよび認定資格は、購買、生産管理、品質管理・保証、作業者、セールスチームおよびマネージメントを含む、すべての職務レベルで受講され、活用されています。

主なトレーニング内容

  • はじめに、適用ドキュメント、取り扱い
  • ターミナル接続部
  • 部品の損傷
  • IPC方針と手順
  • プリント基板と組立品
  • ディスクリート配線
  • 金属部品
  • スルーホール技術
  • 高電圧、など
  • はんだ付け
  • 表面実装技術

CISスペシャリスト向けプログラム

現場の作業者、組立品の受け入れ、評価を行う人向け。必須モジュールと選択モジュールに分かれており、工程で必要な項目だけを選んで受講ができる。

CITインストラクター向けプログラム

品質基準の策定、作業者の教育、生産管理や品質管理のマネージメントを行う人向け。
本コースでは、上記内容の全てが受講、試験対象。

新規取得及び認証更新について

IPC認証プログラムの多くでは、認証の有効期限(通常2年)が設定されています。
610のCIS向けプログラムは、オンライントレーニングにて、新規取得と認証更新が可能です。
CIT向けプログラムのオンライントレーニングでは、既存インストラクターの更新が可能です。
尚、CITの初回取得時に、610Eや610Dで取得したとしても、
本更新プログラムを受講することで最新F版での更新が認められます。
CITの新規取得は、今後予定されている開催スケジュールをご確認ください。
準備中

主なトレーニング内容

準備中

主なトレーニング内容

準備中

主なトレーニング内容

準備中

主なトレーニング内容

準備中

主なトレーニング内容