世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

J-STD-001スペーストレーニング

NASAも要求する、高信頼性エレクトロニクス向け
はんだ付の国際資格 (宇宙・航空・軍事等の追加規格)

J-STD-001の追加モジュール。宇宙航空、軍事用途エレクトロニクスの要求事項を約4時間で学びます。本コースは、J-STD-001の追加オプションであり、単独での取得はできません。

J-STD-001の共通トレーニングは、こちらをご覧ください。

J-STD-001スペーストレーニング概要

IPC J-STD-001は、エレクトロニクスのはんだ付実装や製造分野において唯一無二の規格として世界中で重要視されています。本規格は、鉛入りまたは鉛フリーのはんだ付工程で国際的な産業界の合意要件を確立しています。

IPC J-STD-001xSは、J-STD-001の追加モジュールとして、NASAやその他多くの宇宙機器メーカー、航空機メーカーがサプライヤーに要求しています。宇宙や航空用途の電子機器は、認定試験時から打ち上げ時、ミッション遂行中など、厳しい熱サイクルと激しい振動にされされます。そのため、基本規格よりも厳格な基準が必要であり、本トレーニングでは、どの点が一般エレクトロニクスと異なるかを明確にしていきます。

※NASAのサプライヤーは、グローバルで少なくともJ-STD-001xSのスペシャリスト(CIS)レベルの認定を受けていることを要求されています。

IPC J-STD-001 GSコースは、IPC J-STD-001トレーニングの追加オプション(モジュール6)として既存の認定プログラムに追加できます。 IPC J-STD-001Gで規定された要件を超える追加基準を確認し、宇宙での移動およびオペレーション中の振動、大気圏(内外)への突入時の高熱サイクル環境でも電子機器の信頼性を確保します。

NASAを始め、多くの産業界のエキスパートがトレーニング開発に協力し、過去の経験と知見が凝縮されたトレーニングです。

スペーストレーニングの目的
  • ■ J-STD-001GSの認証資格を取得する (CISまたはCITレベル)
  • ■ 追加基準の要求事項を理解・参照できる
  • ■ IPC用語と定義を理解する
  • ■ 国際的に通用する能力・知識を証明する
主なトレーニング内容
  • ■ J-STD-001とSpaceモジュールの関係
  • ■ 鉛フリーはんだの使用について
  • ■ 鉛フリーコントロールプラン
  • ■ レッドプラグ(酸化銅腐食)
  • ■ レッドプラグコントロールプラン
  • ■ 銀被膜銅線およびケーブルの出荷と保管
  • ■ ハードウェア不良と対処方法
  • ■ 材料とツール
  • ■ スルーホールアプリケーション
  • ■ 表面実装アプリケーション
  • ■ ユーザーとメーカーの責任
  • ■ その他、代わりに使用できる基準
  • ※IPC J-STD-001GSは、単独での取得はできません。必ず、J-STD-001Gのコースを修了することが必要です。
  • ※宇宙産業以外(自動車、船舶等)でも、高信頼性エレクトロニクスの考え方や要求事項を学ぶオプションとして非常に有効です。
  • ※本コースは、講義のみです。実技講習はありません。

トレーニング構成

1
イントロダクション
2
ワイヤーと端子
3
挿入実装
4
表面実装
5
検査方法論
J-STD-001Gの
共通コース
6
スペース
講義
筆記試験
講義(2時間)、
試験(1時間)の約3時間。

最終試験

※講義終了後、筆記試験を行います。(オープンブック試験) 約1時間
※スペースの技能試験はありません。

コース料金(税別)

IPC非会員:4万円
IPC会員:2万円

J-STD-001の認証取得・更新と同時に

2020年5月より、新規認証取得時(CIS、CIT共)に、または、既存認証の更新時にスペースオプションを取得できる様になりました。
詳細は、開催スケジュールをご確認または個別にお問い合わせ下さい。