世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

クラスルームトレーニング

J-STD-001 認証IPCスペシャリスト (CIS) トレーニングコース (新規・更新)

IPC公認のスペシャリスト資格で、約4日間に渡り、はんだ付け工程、品質判定などの講習に加え、要求されるはんだ付け品質を実現する実技講習を通じて、世界に通ずるはんだ付け技術者を育成します。

本コースは、CIS育成コースとなります。それぞれの認証資格についての詳細は、こちら

001公開トレーニング&認証試験

東京 3月
J-STD-001 CIS認証
3.5日集中取得コース
3月6日(火)~9日(金)
定員: ※受付終了
会場:
第一村嶋ビル (港区赤坂)
熊本 4月
J-STD-001 CIS認証
3.5日集中取得コース
4月24日(火)~27日(金)
定員: ※受付終了
会場:
テクノリサーチパーク (益城郡益城町)
名古屋 5月
J-STD-001 CIS認証
3.5日集中取得コース
5月22日(火)~25日(金)
定員: 最大7名まで ※残り若干名
会場:
ジャパンユニックス名古屋 (熱田区金山町)
  • ※1名様より申込可能です。コース料金はこちら
  • ※コース初日は13:00から開始予定。翌日以降は、9:00-17:00または10:00-18:00
  • ※1日または2日のみの参加や実習のみの取得は出来ません。カリキュラムは下記をご覧ください。

トレーニング構成

1イントロダクション




2ワイヤーと端子











3挿入実装











4表面実装











5検査方法論











カリキュラム

※下記は、一般的なスケジュール構成となります。遠方の場合、前泊対応する場合もあります。
※1日の予定は、9:00-17:00または9:30-17:30、昼休み1時間です。
※初日前日に、会場準備のためにお伺いする場合があります。
※受講生のスキルにより、残業または追加日数が必要な場合もあります。

DAY1 モジュール1 :イントロダクションと基本的な要求事項 (必修)
イントロダクション、IPC方針および手順
一般要求事項、適用ドキュメント、材料・部品・機器の要求事項
一般的なはんだ付及び組立要件、製品保証
コーティング・封止・固定(接着)の要求事項、証拠縞、復習
オープンブックテスト (30問)
モジュール2 :ワイヤー(線材)と端子
ワイヤーと端子の接合、復習
オープンブックテスト(20問)
DAY2 端子のはんだ付実習
端子課題制作、ワークマンシップシートの提出
モジュール3 :挿入実装技術
挿入実装と端子接続、PCB要求事項、製品保証、リワークとリペア(修理)、復習
オープンブックテスト(20問)
DAY3 挿入実装のはんだ付実習
挿入実装課題製作、ワークマンシップシートの提出
モジュール4 :表面実装技術
表面実装部品、PCB要求事項、製品保証、リワークとリペア(修理)、復習
オープンブックテスト(20問)
DAY4 表面実装のはんだ付実習
表面実装課題製作、ワークマンシップシートの提出
モジュール5:検査方法論
製品保証、リワークとリペア、ワイヤーと端子の接合、挿入実装と端子接続
表面実装部品、PCB要求事項、復習
オープンブックテスト(30問)
修了

最終試験

※ 各講義終了後、モジュール別に筆記試験を行います。(オープンブック試験)
※ 技能試験は、講師指導の元で実習しながら行う課題製作が試験となります。

出張トレーニング

ご希望の開催場所へ出張にて対応可能です。

※ プロジェクター、スクリーンをご用意いただきます。
※ トレーニングで使用するはんだごて、基板、部品等は開催前に郵送します。
尚、ご希望に応じて、貴社で使用している機材にて実施することも可能です。
※ 固定会場による集合トレーニングにつきましては、こちらをご覧ください。

コース料金

コース料金は、こちら

※ 最少受講者数 3名から。(出張トレーニングの場合)
※ 出張トレーニングでは、交通費、宿泊費を別途頂戴いたします。(公開トレーニングでは不要です)
※ トレーニングキットの貸出、実習基板・部品、認定証を含みます。