世界のエレクトロニクスメーカーが承認・開発するIPCの公式トレーニングプログラム

IPC公認トレーニングセンター

MENU

オンライントレーニング

講座トレーニング

組立品等の受け入れや作業時に、外観からの品質基準の判定や評価スキルの向上を目指します

電子組立部品の許容基準

IPC-A-610:
電子組立部品の許容基準オンラインコース

トレーニング概要を見る

講師紹介

 IPC認証トレーニングマネージャー Mr. クリス ロバートソン

IPC認証トレーニングマネージャー

Mr. クリス ロバートソン

25年を超えるエレクトロニクス産業における経験を基にIPCのチーフトレーナーとして、グローバルでトレーニングの実施のみならず、各国際規格団体や欧州連合、各国政府関連部門へのトレーニングも実施している。
クリスは、モトローラ社、BOSE、USロボティックなどの企業にてプロセスエンジニアリングとして活躍し、IPCのマスタートレーナーとして指名された。 その後、15年を超えるインストラクターとして、エレクトロニクス業界において、彼のユニークで独特な教育と業界経験は、IPCのトレーニングクラスの中でも、最も評価の高い1つとして世界中で受け入れられている。他には無い、IPC独自のコンテンツと、クリスの実体験を交えたクラスは、楽しく、有用な知識を向上し、IPC標準のより深い理解を可能する。

動画サンプル

IPC-A-610 スペシャリスト(CIS向け)プログラム

… 必須モジュール
… オプションモジュール

↓ 下記画像をクリックすると各モジュールの詳細が見れます。

生産工程とIPC推奨取得モジュール

パッケージ1

スルーホール実装 集中講座

スルーホールとはんだ付けに関する業務や基準の活用・理解をしたい方向け

スルーホール実装 集中講座
Module3 Module4 Module6 Module8 Module1+2

パッケージ2

SMT実装 集中講座

表面実装とはんだ付けに関する業務や基準の活用・理解をしたい方向け

SMT実装 集中講座
Module3 Module4 Module7 Module8 Module1+2

パッケージ3

はんだ付け 集中講座

はんだ付け全般に関する業務や基準の活用・理解をしたい方向け

はんだ付け 集中講座
Module3 Module4 Module6 Module7 Module8 Module1+2

パッケージ4

金属部品組立 集中講座

はんだ付けを含まない金属部品の取り付け業務、検査を行う方向け

金属部品組立 集中講座
Module3 Module8 Module1+2

パッケージ5

ターミナル接続 集中講座

ターミナル接続に関する業務や基準の活用・理解をしたい方向け

ターミナル接続 集中講座
Module3 Module4 Module5 Module8 Module1+2

IPC-A-610 トレーナー(CIT向け)プログラム

CITプログラムでは、全セクションが必修となります。IPC-A-610の全内容に加え、インストラクター基本事項があります。

↓ 下記画像をクリックすると各モジュールの詳細が見れます。

本プログラムは、既にIPC認証トレーナー(CIT)として、資格を保有されている方の認証更新が対象です。尚、認証取得時の610認証バージョンは問いません。610Eや610Dで取得された方も、Fバージョンでのアップデートと更新 が可能です。オンライントレーニングでは、旧版での更新は出来ません。

CIT更新では、トレーニング+試験、試験のみの選択が可能です。各費用につきましては、詳細ページをご参照ください。
→ 価格をみる

申し込みには、既存の認証番号が必要となります。

新規でCIT取得をご希望の方は、今後、予定されるトレーニングスケジュールをご参照ください。
→ スケジュールをみる

CISの社内育成に、
最終試験をアウトソーシング

面倒な最終試験管理やIPCポータルへの登録作業を軽減。
IPCオンライントレーニングのチャレンジ試験を利用すれば、社内でCITが社員をトレーニングし、最終試験と認証登録をアウトソーシング出来ます。トレーニングと試験を切り分けることで、管理コストや手間だけでなく、認証取得コストを大幅に軽減し、国内で一括支払いが可能です。