クラスルームトレーニング

IPC-A-610 認証IPCトレーナー(CIT)『養成』出張トレーニング (新規取得)

IPC公認のインストラクター資格で、自社内にて、スペシャリスト(CIS)の育成が可能となります。
約18時間の事前講習(オンライントレーニング)に加え、半日の補講、半日の試験で修了となります。
※実質的な拘束時間は、わずか1日で、トレーナー資格の取得が可能となりました。
それぞれの認証資格についての詳細は、こちら

カリキュラム

※下記は、一般的な教室型のスケジュール構成。オンライントレーニングも、同等の授業時間です。(約17時間)

時間 約4時間 約7時間 約7時間 約3時間
9-10 移動日 4章 金属部品
5章 はんだ付け
★確認テスト
7章 スルーホール技術
★確認テスト
クローズブック試験
10-11 オープンブック試験
11-12 8章 表面実装組立品
★確認テスト
修了
12-13 昼休み
13-14 はじめに/コース概要/方針と手順 6章 ターミナル接続部
★確認テスト
  予備
移動日
14-15 9章 部品の損傷
★確認テスト
15-16 1章 はじめに
2章 適用ドキュメント
3章 取扱い
★確認テスト
10章プリント基板と組立品
★確認テスト
11章 ディスクリート配線
12章 高電圧
★確認テスト
16-17 レビュー&テスト準備

最終試験

※本最終試験は、各CITトレーニング会場にて実施します。

クローズブック試験、オープンブック試験となります。試験時間と問題数については、こちら

CIT資格取得条件

2017年1月より、IPCアジアパシフィックのポリシー変更により、CIT資格の取得及び更新にはIPC会員への入会が必須となりました。

※「IPCプロフェッショナルトレーニングおよび認証方針と手順」は、こちら

トレーニング会場

ご希望の開催場所へ出張にて対応可能です。

※ プロジェクター、スクリーン、インターネット接続可能なパソコン(受講者1名につき1台)をご用意いただきます。
※ IPCのポリシー変更に伴い、当面は固定会場での開催予定はありません。

コース料金

38万円/人 (税別)

※ 出張対応の場合、最少受講者数 3名~
※ 上記、コース料金に加え、非会員は会員入会費がかかります。IPC会員については、こちら
※ 交通費、宿泊費は別途頂戴いたします。
※ 試験費用、インストラクターキット、認定証を含みます。
※ 1名様での受講をご希望の場合は、お問合せください。