お知らせ

ゼネラル・モーターズ(GM)がIPCを導入する理由

【車載用エレクトロニクスの品質強化でIPCを導入する理由】



ゼネラル・モーターズ(GM)は、90年以上前から中国市場に参入し、2017年時点で、
中国合弁企業11社、100%出資関連企業3社の計14社を有しており、5万8千人を超える
従業員がいる。GMは合弁事業と共に、幅広いラインアップの車両を提供し、中でも、
ビュイック、 キャデラック、シボレー、 バオジュン、ウーリン、ジエファンなど
有力なブランドで市場と中国の顧客を魅了している。

2016年、GMと関連企業は、中国で新記録となる380万台超の車両出荷を記録した。
これは前年比7.1パーセント増で、同国において歴史的な販売記録となった。

そのGMが、中国における鉛フリーはんだ付工程の監査基準において、IPC標準を
導入・適用し、品質管理とコスト削減を達成したと発表した。

本記事は、IPC Asia PacificとGM Chinaが実施し、GM World Headquartersの承認を受け、
ジャパンユニックスが翻訳・公開したものである。

GMにおけるIPC採用事例は、こちら
https://www.japanunix.com/ipc/casestudy/gm.php