お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • IPC-A-620日本語版:ケーブル・ワイヤーハーネス組立の要求事項及び許容基準

IPC-A-620日本語版:ケーブル・ワイヤーハーネス組立の要求事項及び許容基準

ケーブル・ワイヤーハーネスの組立品や実装における国際標準、『IPC/WHMA-A-620C』日本語版の発売を開始しました。

特に車載関連や宇宙・航空分野のエレクトロニクス企業が承認しており、世界各地で採用されている。

IPC/WHMA-A-620Cに関する概要は、こちら

日本語版のご購入は、こちら

 

(表紙)

(コンテンツ例)

IPC/WHMA-A-620概要

IPC / WHMA-A-620Cは、主要な技術アップデートを適用し、他主要規格との互換性を考慮し改訂されました。この重要な業界標準規格は、ワイヤーハーネス製造者協会(WHMA)とIPCの共同規格として世界各地で主要メーカーに採用されています。本バージョンは、各国業界団体、法人組織からの500以上のコメントおよび推奨事項に対処し、700以上の写真・イラストを掲載し、より使いやすくなっています。
最も重要な変更点は、成形(モールド)、ポッティングセクションのクラス2と3の要件事項内容です。また、本規格では、32 AWG程度の小直径ワイヤーに新たな基準を設定し、すべてのハードウェアが同じガイドラインに合わせて製造されていることを要求しています。(2017年発行)